賢く選択したい!住宅ローンの選び方

夫婦共同名義なら夫婦で利用できる

夫婦や子供も含めた親子で住むために住宅を購入するときがあるでしょう。子供が小学校に上がる前などに購入すると、子供の転校を避けられます。買う時期の目安になるかもしれません。住宅を購入するときは住宅ローンを利用するケースが多く、多くは夫名義で借ります。しかし、夫名義のみで利用する以外の方法があります。それは夫婦で利用する方法です。住宅を夫婦名義にすれば、夫婦で住宅ローンが組めるので、いろいろなメリットが出てきます。まず個々で審査が受けられるので、一人で借りるよりも多くの借入ができます。住宅ローン減税をそれぞれで受けられるので、夫のみでは控除しきれなくても妻分からも控除ができます。共働きなら共同で借りる方法も検討しましょう。

一人で返済するのではなく子供も返済する

住宅ローンを利用するとき、リレー返済と呼ばれる商品の利用があります。最初にある人が契約をして返済をし、その後に子供などが引き継いで返済していきます。利用に関してはいろいろなパターンがあるでしょうが、この時の子供は小さい子供ではありません。親は定年が近い状態で、子供はすでに成人をしている社会人です。ただ、お金としては親の方が多くもっています。まずはお金に余裕がある親が返済をして、親が定年退職をした後に子供が引き継ぐなどになります。資金があまりない子供でも住宅を購入できます。リレー返済を利用する時には、親子における資産状況などを把握する必要があります。子供に大きな負担がかからないようにしなければいけません。

© Copyright Real Estate & Tax. All Rights Reserved.