住宅ローンの金利はどんなものがあるの?

固定金利にもいくつかの種類がある

住宅ローンの中で、固定金利を選べば長期間同じ金利が適用されます。変動しないのでその分返済計画が立てやすいメリットがあります。ただ変動金利に比べると金利が高くなります。そこでいろいろなタイプの固定金利を検討してみましょう。一番の基本は全期間固定金利で、当初利用時は最も高い金利になります。その代り完済までずっと同じ金利になります。固定金利選択型は、同じ金利を利用する期間を選べます。5年や20年を選び、その期間が経過したら再び次の期間を選択します。固定金利の高さがいやなら、当初の金利が低めに設定されるものもあります。ただし一定期間が過ぎると当初の金利よりも高くなります。情勢によって新たに設定される金利が変わります。

変動金利はどんなものを選べばよいか

住宅ローンにおいて、利用当初に金利が低くなるのが変動金利です。しかし将来的に金利が変化するので、インフレなどが起きると利息が多くなる可能性があります。一般的な変動金利は、6カ月ごとに金利を見直されます。5年間返済金額が固定などがありますが、利息自体は変わらないため金利上昇時には大きな負担になります。金利変動の不安があるなら、不安を少し軽減できるタイプの選択をしましょう。上限金利が決められていて、変動したとしてもそれ以上の金利になりません。インフレが急激に進むとかなり大きな負担になるかもしれませんが、上限があるならどこまで我慢すればいいかが分かります。一般的な変動金利に比べると、高めの金利が設定されます。

© Copyright Real Estate & Tax. All Rights Reserved.